2021-05

その他

ダイヤモンド半導体と敗者復活社会

ダイヤモンド半導体が実現した。この記事を見てほしい。 引用終わり 佐賀大学の嘉数教授というかたのやったことがどれだけの規模の科学的発見なのかは私にはわからないが、このブレークスルーにより日本の半導体の黄金期がま...
その他

小池百合子が決める消費税増税

まず神戸で大きな地震があった。非常に珍しかった。この地域は中国地方の岩盤であり地震がおきにくいからだ。1995年1月17日におきた。この時の総理は村山だった。 引用 1994年(平成6年)6月30日から1995年(平成7年)8...
その他

日米安保条約を破棄したら?

ドナルド・トランプが大統領の時、日米安保条約の破棄を言い出した。下のような内容だ。 何故、安倍総理は「日本も財政難なんで。じゃあトランプ大統領の言われるように安保条約を破棄させていただきます」と応じなかったのだろう?安倍総理...
その他

金で買う検索と買われる憲法

私は朝日新聞社で10年、広告で働いた。広告局の仕事はどういうものか説明するのは難しい。色んなことをやるからだ。電通とも博報堂とも取引があり個人的に知ってる人もいる。1980年代の朝日新聞は日本最強の広告媒体だった。TVとか雑誌と比較しても...
その他

日米開戦その6

最後にまとめるとこうなる。自分は元々、日本の国家破産に疑問を持っていた。某ブログでコメントしたが、どうもそのコメントが「アメリカ」に見つかってしまった。結果として様々な嫌がらせが起きた。この部分「何故、誰が自分に嫌がらせをしてるのか?」を...
その他

日米開戦その5

ここまでで何故、竹本は日米が戦争状態にあるかを説明してきた。考えの基本となってるのはアメリカNSAによる諜報活動である。エシュロンに始まり今はスマホの情報も盗んでるようだが、もし彼らが日本にサイバー攻撃をかけてるならそれはアメリカが日本に...
その他

日米開戦その4

ニッキー・ハーガー著「シークレットパワー」はエシュロンに関する良書だ。NZでどのようにエシュロンが行われてきたかを示している。この本の序言にこう書かれている。 2003年3月、米国はついにイラクへの侵略を開始した。そうした状況のなか...
その他

日米開戦その3

さてNSAの長官であるポール・ナカソネ氏とはどういう人か見ていこう。 アメリカ国家安全保障局がNSAである。この日系の軍人はまさに軍人という点が面白い。すでに述べたようにNSAは米軍とともに国防総省の管轄にある。そしてトップ...
その他

日米開戦その2

さて米軍が竹本にサイバー攻撃をかけてる可能性があることを指摘しました。何故、それが日米開戦となるのでしょうか?下の画像を見てください。 上の文章で書いてる通りでアメリカが中国や北朝鮮からサイバー攻撃を受けることを米軍が戦争行...
その他

日米開戦とは何か?

アメリカが日本にサイバー攻撃をかけてる可能性がある。自分がサイバー攻撃を受けてきたのは事実だし米軍がエシュロンを世界中に展開し情報収集してるのも事実だ。国内では三沢基地にアンテナがあり横田基地で分析してるようだ。米軍は当然ながら世界中のあ...
タイトルとURLをコピーしました