【お知らせ】サイト移転直後につき調整中。本番稼働まで今しばらくお待ち下さい。

日米関係とは?

この記事は約2分で読めます。

日本がアメリカに何か期待したところでそれがかなう方法が無いのでアメリカは日本に何を期待しているかを考えてみた:

 

1.そこそこの経済と決してアメリカを脅かさない技術力

2.外貨準備の増大とアメリカ・ドルの買い支え

3.決して日本を信用しておらず「戦争」も考慮している

4.とりあえず日本の愛国保守が日本の活力を奪うベストな手段なのでこれを支持

 

というところでは無いかと思う。自分が挙げた自分の体験談は日本がアメリカによりサイバー攻撃を受けており、これは米軍の規定だとアメリカによる日本への開戦となる。つまり日米戦争である。最も宣戦布告されてないのでわかりにくい。

 

自分が挙げた「日本の情報がすべて盗まれている、個人の証券講座の情報すら盗まれてる」という主張はどこが不味いのか?日本の憲法と合わない。明確に違憲行為だ。ここで「なら憲法を変えよう」と考えた「筋」があった。具体的には日本の安倍総理である。日本の憲法を変えて前文とかも変えたらもう「無茶な主張」もできなくなる。日本は安心して自分たちの情報をアメリカに差し出すことができる、素晴らしい植民地だと考えるひとたちである。

 

自分はあくまでも委員会を設置し「問題」を解明することを望んでいる。オレから盗んだ2000万円を返せ!という思いがある。

 

筋としては竹本が勝つはずだが日本の愛国保守にはアメリカがついており、GPSで集めた情報やら盗んだ情報やらを週刊文春に流したりする。日本の愛国保守がアメリカにより守られてるというのがそもそも矛盾だと私は考えるのだが?

 
 

この文章は書籍化されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました