政党

政治

誰が安倍を支持しているのだ?

日本国民だろうと反論されるかも知れないが、衆参両議院での圧倒的な議席数を見たとき日本国民が一度でも50%をこえて選挙で自民党に投票したことがあるのかと考えるわけです。無いですね。自民党は明らかに選挙制度の歪みのうえに成り立っている。
その他地域

ハイチと人工地震

ところでハイチ、ニュージーランド、日本(福島)と世界の島国3国で続いて大きな地震があった。ハイチの地震に関してはベネズエラのウーゴ・チャベス大統領が「アメリカがおこした人工地震だ」と述べた。ところがチャベスは既に末期癌であり、多くを語らず今はいない。
経済

日本のディープステート

ところで日本のディープステートというのもある。財務省、読売新聞、経団連などがそうだ。こうした日本のディープステートは主にアメリカのディープステートの影響下にあった。ところがアメリカのディープステートは力を失っている。当然ながら日本のディープステートも力を失うべきだ。
外交

枝野じゃだめだ

立憲民主党の枝野氏は日米安保堅持のようだ。竹本が何を主張しているかというと「米軍をはじめとしたアメリカが日本のネット情報を盗みまくっている」というものだ。
政治

山本太郎の影響力

彼女が「どこに所属してるんですか?」と聞くので「山本太郎に寄付をしたんだ。彼が仲間に入れてくれればよかった」と回答した。山本太郎の名前は何らかの化学反応をひきおこしたようだった。今回は山本太郎と竹本秀之の関係を徹底的に考察する。
社会

立花孝志の抱える問題

何が問題なのか?立花孝志の行動が明らかに脅迫なのに警察が動かない点だ。また幹事長を上杉隆氏がやってるのも奇妙としか言いようがない。
政治

何故、若者は野党を支持しないのか?

野党への支持率が絶望的に低い。特に若者世代ではその傾向が顕著だ。そうした「野党ぎらい」の背景には、若者世代が「コミュ力」を重視している事実があるのではないか。コミュ力を大切にし、波風の立たない関係を優先していれば、当然、野党の行う批判や対立を作り出す姿勢は、嫌悪の対象となる。
政治

もしあなたの国の支配者が腐敗していたら

昔、あるところに平和で繁栄した国がありました。A層と呼ばれるひとがこの国を支配していました。いつからかA層は外国と通じるようになりました。国民の声など無視し税金を上げ続けました。それどころか国内の情報をすべて外国に売り渡すことにしたのです。その恐ろしい国の名前はニホン・・・・
政治

山本太郎は人間だ

上の日本ジャーナリスト協会の主催した山本太郎氏へのインタビュー、2時間近いものを見終わった。感想は「山本太郎は人間だ。今の与党や野党のひとは半分ロボットと化した人間だ」と言うもの。
経済

FOMCを終えて

かくして明らかに経済学的に間違った増税が最悪のタイミングで実施され民間からお金を吸い上げ日本の歴史に残る不況がはじまる、かも知れない。
選挙

幸福の科学とある自殺者

上記が参議院選挙の結果である。私のうえに河合さんという幸福実現党のかたがいる。幸福実現党か、そう言えば昔、ここの熱心な信者がいて自殺を選んだことがある。自分は、この人と会って話をしたことがあり、その死に驚いた。そういう事件があった。これについて書いてみようと思う。
社会

Twitterは誰が管理してるのだ?

Twitterはアメリカ上場企業。運営はすべてアメリカでやってる。サーバー内部エラーもアメリカでの指示の結果としたら、我々は日本のSNSの設置を考えないといけない。
社会

麻生太郎と渡邊恒雄

両者にはどういうつながりがあるのか?下のようなつながりがあるようだ。
経済

社説への疑問

つまり日本の全国紙が全て「同じ日付で同じ主旨の社説」を掲載した。すでに指摘したように、こうした社説の均質化は極めて危険だ。一回、転回すれば「腰抜け、勝てる戦を何故、始めぬ」という戦前の紙面に戻るからだ。
メディア(新聞・TV)

リッチな左翼

まず原子力発電は日本の国策である。エネルギーをほぼ全量、海外に依存する日本にとって多様化 というのは欠かせない保険であり、ケチがつけようがない妥当な政策だと私は思う。ところが原子力発電を批判する「日本人」は多い。マスゴミもその1つだ。 だがマスゴミは実は原子力発電を批判することでお金儲けをやっているのだ。このカラクリを説明したい。
政治

政府広報の原資は税金なんです

政 府広報の原資が税金であることは、ほとんど知られていない。従って、財務省、失礼、野田内閣が「増税は何故、避けられないか」という洗脳チラシ、失礼、政府広報を出せば出すほど、日本国民は「野田さんはちゃんと国民の理解をえようと努力している。野田さんは良い人だ」と考えるようになるだろう
タイトルとURLをコピーしました