【お知らせ】サイト移転直後につき調整中。本番稼働まで今しばらくお待ち下さい。

エシュロンとは何か?

この記事は約1分で読めます。

引用

 

エシュロン(Echelon)は、アメリカ合衆国を中心に構築された軍事目的の通信傍受(シギント)システム。同国の国家安全保障局(NSA)主体で運営されていると欧州連合などが指摘している[1]一方、アメリカ合衆国連邦政府自身が認めたことはない。フランス語で「(梯子の)段」を意味する語・échelonに由来する。エドワード・スノーデンの告発により、PRISMで有線データ通信さえも盗聴されていることが明らかになった。収集・分析・分類・蓄積・提供の各機能によって構成されていると考えられている。

 

引用終わり

 

このエシュロンは日本では青森の三沢基地にあります。この傍聴システムが進化して現在の日本監視システムが生まれたと考えます。

 

いまや日本のネット情報すべて、電話などの情報すべてがアメリカに送られ分析されています。目的は日本を利用し活用することです。

 

しかし、待ってください。我々には日本国憲法が保障する基本的権利が存在します。それはどうなったのでしょう?既に述べましたように日米は開戦しているのです。アメリカは戦争行為と知りながら日本にサイバー攻撃をしかけている。というのが現状です。

 

それを示唆する画像があるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました